競馬場に遊びに行こうじぇ、美味しいグルメ探訪じゃ!

競馬場のグルメはかなり進化している!

君は競馬場のグルメを知っているか?

競馬場のグルメは今やB級グルメの元祖として位置づけられるほどに進化を果たしている。

世の中、競馬場を差し置いてB級グルメを語ろうなんて、なんて虫のいい流れなんだと競馬場に行ったことのある人間なら誰もが思っていることであろう。

そう、それほどまでに競馬場のグルメは進化している。

中央競馬もさることながら、地方競馬のB級グルメっぷりはもはや競馬場でしか味わえない物となっている。

というわけで競馬場のグルメを紹介していきたいと思う。

もちろん競馬場では予想や馬券購入を楽しむのも忘れずに。

中央競馬場は北海道に2件、福島に1件、千葉に1件、東京に1件、新潟に1件、愛知に1件、京都に1件、兵庫県に1件、福岡に1件ある。

地方競馬場は北海道に2件、岩手県に2件、埼玉に1件、千葉に1件、東京に1件、神奈川に1件、石川に1件、岐阜に1件、愛知に1件、兵庫に2件、高知に1件、佐賀に1件ある。

中央競馬と合わせると、意外と設置場所は偏っている。

この偏り具合は競馬場へのアクセスの良さ関係もあるのだろう。

中央競馬場は最大入場人員数の更新が1970~1990年台で止まっている。

インターネットの発達などで競馬場に足を運ばずとも馬券を購入することが出来るようになり、競馬場に足を運ぶという習慣がなくなってきているのかもしれない。

しかし、競馬場にはB級グルメを筆頭に足を運ぶだけの大きな魅力があるのだ。

ぜひこの機会に魅惑の大人のためのエンターテイメント場である競馬場に足を運んでいただきたい。

競馬場のB級グルメの写真

中央競馬のB級グルメ

◆東京競馬場◆

ちょっとお高めの東京競馬場。

メインにおすすめなのが「ど・みそ JRA東京競馬場店」のラーメン。

みそらーめんベースの縮れ麺。

ゆで卵は若干固茹でタイプ。味付きではないシンプルタイプ。まるまる1個入ってる。

チャーシューは厚めのが1枚。追加トッピングできる。

味噌ラーメンらしくコーンとネギの王道トッピングが添えてある。

濃い味のものを食べたいときにおすすめ。

「鳥千」のフライドチキンはサイドにピッタリ

まさにB級グルメの王道、フライドチキン。

ケンタ○キーにも負けないチキン専門店。

骨つきフライドチキンはマスタードと塩を付けて頂く新感覚のスタイル。

普通の唐揚げも絶品。

お値段は馬券を買っても痛まない東京競馬場には珍しいお安めスタイル。

東京競馬場ではピンからキリまでグルメが揃っているので、東京観光の一つとしてかなりおすすめ。

◆阪神競馬場◆

阪神競馬場と言えばホルモンに串かつ。

阪神競馬上で有名なのは「ホルモン人」

ホルモンの美味しいところを一番美味しい調理法で提供してくれるまさにB級の鏡のようなグルメ店。

中でもホルモンの天ぷららは大阪市内でも出している店は少ない貴重な逸品だ。

「フク天」の名前で出されているこのホルモン天ぷらの部位は牛の肺。

赤モツなどの愛称もある、ホルモンとしてはおでんにもなる万能部位なのだ。

また、肉吸いというさっぱり系ホルモンの煮込みもコレまた絶品。

阪神競馬場に来たら「ホルモン人」のホルモン料理はぜひ食べていただきたい。

そして大阪に来たのであれば串かつは絶対に外さないでいただきたい。

「屋台村阿わた」の串かつはおつまみにも、ご飯と合わせても絶品。

串かつは一串100円、一口サイズの競馬観戦時にも邪魔にならない優秀なサイズ感。

まさにB級と言える洗練された串かつは必ずご堪能あれ。

◆小倉競馬場◆

小倉に来たのであればまずは何はともあれ「揚子江の豚まん」。

揚子江はテレビにも度々取り上げられる豚まんの老舗だ。

B級グルメとしては競馬場に限らず人気の逸品だが、競馬場での観戦時にはぜひコレをチョイスしていただきたい。

そして九州ならではの焼き鳥。

焼き鳥は競馬場ではポピュラーかもしれないが、小倉に来たのであればぜひ焼き鳥もチョイスしていただきたい。

もちろん、九州のラーメンも堪能していただきたいが、そこは競馬場内だけにとどまらず、名店に足を運んでいただきたい。

小倉でラーメンを食べるのならそれはメイン扱いなのだ。

B級とは呼ばせない。

小倉競馬場に来てとりあえず老舗に行ってみたいと思ったら。

「みやじ」に行くのがいい。

これと言った定番メニューがあるわけではないが、なんでも揃っているイメージだ。

あえておすすめするのであればちゃんぽんが九州らしさのあるいいグルメだろう。

◆札幌競馬場◆

札幌競馬場でもやはりホルモンが人気。

一方で名物的なグルメは札幌競馬場は結構ある。

とんかつ玉藤のカツカレー棒。

そして北海道ならではの唐揚げ、ザンギ。

競馬場である意味はそこまで大きくない気もするが、札幌競馬場に行ったら味わっておきたいB級グルメはダントツで多い。

串焼きも珍味が揃っていて、つぶ貝なんて言うものも。

札幌競馬場に行ったときはグルメに勤しみすぎて馬券代がなくなるなんてことには注意しておきたい。

地方競馬場のB級グルメ

◆佐賀競馬場◆

お祭りの屋台のような雰囲気でスタンド周りにお店が並ぶ佐賀競馬場。

グルメは何でもありの、商店街風味なグルメが並んでいて、下調べなしに行くと、普通に食事して終わりのような感覚になるので要注意。

「赤浦」「丸善」は練り物や串モノなんかを売ってくれるまるで屋台のようなお店。

注文すると中央の鉄板で温め直してくれたり焼いてくれたり。

いかにも年季の入った店で、佐賀競馬場の歴史を何故か感じる。

ラーメンもそこらじゅうにあるから、らーめんとここの練り物などを頬張ると競馬場に来たという実感が湧いてくるだろう。

◆高知競馬場◆

屋台感がすごい店の並ぶグルメが高知競馬場のB級グルメだ。

おでんにスジ煮込みなど、競馬場鉄板のグルメが並んでいる。

また、昔懐かしのアイスクリンなんかもあって、世代を感じるグルメが所狭しと並んでいる。

高知競馬場に来たのなら、煮込み系グルメは外さないようにしたい。

ちなみにちょっとだけ話題になったハルウララは高知の競走馬だったりした。

ハルウララグッズは最近はどうか知らないが、一時期いろいろな種類が売り出されていたらしい。

昔の有名馬のグッズをちょっと探してみるのも一興だ。

◆水沢競馬場◆

水沢競馬場に来たら食べたいB級グルメはジャンボ焼き鳥

盛岡競馬場なんかでも販売されているが、とにかくでかい。

盛岡競馬場とは大きさの質が違い、水沢競馬場のものは若干食べやすい。

しかしながら大きさとしては一串でかなり満足するため、いろいろなグルメを楽しみたい人はきちんとそこら辺を計算しておかないと、この一串でお腹いっぱいになってしまうことになる。

水沢競馬場には味噌おでんにホルモンの煮込みもある。

やはりどこの競馬場でも人気の一品で、ビールと一緒にモリモリ買われていく。

売り切れにはご注意。

◆大井競馬場◆

「東京シティ競馬場」との愛称もある大井競馬場は地方競馬場の中でも有数の大きさを誇る競馬場だ。

その為他の地方競馬場とはかなりレベルが違うとのこと。

それ故グルメのレベルもB級の中でも上澄みと言えるほどの水準だ。

競馬場内で完全予約制、食べ放題、飲み放題というコースがあるなど、グルメへの力の入れようが違う。

もちろん地方競馬場ならではのB級グルメも取り揃えられている。

焼き鳥、焼きそば、牛すじ煮込み、たこ焼き、大判焼き、鶏モツ、中華まん、バーベキューなどなど、他の競馬場を圧倒するラインナップだ。

選ぶに事欠かないため、1日で食べつくすことは出来ないと思う。

とりあえず「幸福堂」の焼き鳥は抑えておくといいだろう、ということだけ伝えておく。

連日レースの開催がある日は数日掛けて訪れてみるのもいいだろう。

競馬場グルメまとめ

人気のある競馬場のグルメを紹介してきた。

競馬場と言えばホルモンやカレー、ビールなど、想像するものは結構定番のものが多いと思うが、様々なメニューが有ることがわかったと思う。

各競馬場で名産品は結構違っていて、競馬場ごとに楽しめる要素はたくさんあることも分かるだろう。

各競馬場で定番の名物となっているグルメなどがあるので、上記で紹介した競馬場以外にも足を運んでみてほしい。

競馬場というギャンブルのイメージから来る想像とは違ういい活気のある場所であることは保証する。

ショッピングや、テーマパークなどの観光もいいが、入場料だけでかなり安くつく上、競馬の予想が当たれば資金を増やすことも出来る競馬場は、理想的な遊び場として楽しめることは間違いない。

もちろん、競走馬とのふれあいなんてのも競馬場では結構あるエンターテイメントだ。

とにかくグルメをきっかけに、新しい遊びの馬として競馬場を提案したいと思う。

競馬場グルメの楽しみ方

競馬場グルメの楽しみ方は正直言って人それぞれだろう。

競馬の予想主体に、ビールと一緒にB級グルメをつまんで、最終的に買ったら外に出て美味しいものを食べに行くなんて人もいれば、競馬はそこそこに、グルメ主体で競馬場を楽しむような人もいるだろう。

競馬場は入場料は基本かなり安く設定されているため、レジャー施設としても非常に優れている。

もちろん家族で行く場合にはギャンブルの場としての競馬場という意味ではきっちりとした教育があってこその子供の入場が生きてくるレジャー施設ではあるが。

負けて馬券を投げ捨てるなんて、マナーの悪い大人の背中を間違っても子供に見せてはいけない。

個人的には競馬場に行ってパドックにかじりついてまで本気の予想をするんであればグルメは差し置いておくのがいいだろう。

一方で、競馬場を楽しみたいのであれば、シッカリとグルメの下調べを行って、更に予想を楽しむよりも、完全にグルメを中心に楽しむのがいいだろう。

今の時代、競馬自体はインターネットでの投票も可能だから、グルメ主体に競馬場に来るのをおすすめする。

正直言って、競馬場に行くのであれば朝から行かないと、よほど時間が足りなくなる。

ましてや競馬予想とグルメを同時に楽しみたいとお考えであれば、圧倒的に時間は足りない。

予想すべきレースを決めていかないと、グルメの合間にテキトーに予想して外れるという悲しい結果に終わってしまうだろう。

そうならないためにも、下調べは絶対の条件なのだ。

というわけで、まずはお近くの競馬場について調べて、グルメを楽しむという意気込みで競馬場に行ってみるといい。

平日であれば、地方競馬場、休日であれば、中央競馬の開催される競馬場を探すといい。
中央競馬の運営する競馬場は資金も潤沢なため、小綺麗なところが多い。

一方地方競馬は資金的にはあまり余裕が無い為、若干ザ・ギャンブル場というイメージのところが多いが、その分後アットホーム的な所が良い。

中央競馬場は限られているため、なかなか足を伸ばすには遠いということがあるだろう。
なのでまずは地方競馬場から行ってみるといいかもしれない。

幸い、地方競馬場や中央競馬上のグルメ情報はネット上にかなりの数が載っている。

さらに、競馬場周辺の美味しいグルメに関してもかなりの情報がある。

地方競馬場の魅力は中央競馬場にはないナイターがあることだ。

夜の競馬場やレースはまた違った魅力がある。

地方競馬と中央競馬で楽しみ方を分けるといいだろう。

各競馬場でグルメゾーンはある程度まとまっているのが普通だが、大きな競馬場では1階から4階まであるところがあり、予めお気に入りのグルメスポットを決めておかないと、行ったり来たりすることになり、それだけでかなりの時間を取られる。

競馬のレースは時間中ずっと開催されているため、いつでも投票できると踏んでいると、予想する時間が全くなくなる。

競馬新聞などを買うと分かるが、競馬の情報量は異様なほど多く、どの競走馬がいいかというところで非常に迷うことになる。

時間がかかるからと言って、その時点で人気の馬を選んでいると、必ずと言っていいほど負けるし、勝ったとしても人気馬を選んでいるからして配当も少ない。

予想を楽しみたいのであればなおさらグルメの下調べはしっかりと行って置かなければならないのである。

このように、競馬場で遊ぶのは予想以上に忙しい。

競馬予想サイトを使うのも一つの手

もし予想に全く自身がないのであれば、完全にグルメに割り切って競馬場に遊びに行くのも手だが、せっかくの競馬場で馬券を買わずに過ごすというのもなんだか味がない。

かと言って、勝負レースを決めるのはグルメの下調べをする以上に圧倒的に時間がかかる。

予想をしてみたいのであれば、グルメの下調べ以上に競馬情報の収集と、精査を行う必要がある。

その場合、専門的な情報の収集もあったほうがいいだろう。

まずは事前に勝負するレースを決める。

勝負すべきレースは重賞を避けたほうが配当額は上がりやすい。

重賞での勝負は、華やかなレースではあるが、本気のガチンコレースになる傾向が強く、良くも悪くも人気の本命馬が勝つ傾向が強い。

そのため、的中はし易いが、配当額が下がりやすいのだ。

一方で、重賞ではない新馬戦などでは、馬の調整や、レースへの慣れを目的とした出走も多く、実力よりも将来的な面を鑑みたレース展開をする競走馬も多く、人気通りにいかない。

もちろんそういったレースでは配当額が高くなりがちではあるが、的中率はどうしても低くなっていく

なので、配当額を狙うとなると、新馬戦などがおすすめになるが、その分情報収集が必要になってくる。

事前の追切タイム情報や、厩舎の思惑を競馬雑誌や新聞で手に入れたり、パドックでの競走馬の状態を把握したりと、グルメどころではないほど忙しいのだ。

そのため、競馬場に行く際、グルメか、競馬予想かのどちらを主軸にするかは必ず決めておいたほうがいい。

どちらも十分に楽しみたいということであれば、自分で情報収集を行う代わりに、競馬予想サイトを利用するのも一つの手だ。

競馬予想サイトは競馬の情報収集を専門に行なっており、コレだという買い目情報を提供してくれる。

もし余裕がなければ競馬予想サイトを探しておいて、当日の買い目情報で馬券を買えば、グルメにも、競馬余オスにも十分な時間を使うことが出来て、競馬場を十分に楽しめるのだ。

最近の競馬予想サイトには無料で買い目情報を提供してくれるようなサイトも多数出て消えおり、その的中率も自分で予想するよりも遥かに高いことが多い。

競馬予想サイト自体は検索すれば大量に出てくるため、どれを選んでおくかという部分で下調べが必要になってくるが、このサイトである程度有料な競馬予想サイトを見つけることができるだろう。

競馬場のグルメに予想に、十分楽しむためにも、競馬場を利用するのは一つの選択肢としておすすめしたい。